HOME

住まいはこうあるべきです

夏は外気温37度の酷暑でも冷房なしで家の中は28度。

冬は暖房は一台だけで建物全体が暖かい。

保温性能が高いのでスイッチ入れてもすぐに停止する冷暖房。

むろん結露・カビなどは見たこともない。

こんな住まいが理想ですね。

でも現実は違う。家は生涯で一番高い買い物のはずなのに

家の中の温度差はヒートショックと呼ばれる心筋梗塞や脳卒中を引き起こします。ヒートショックによる死亡者数は交通事故死の2.4倍。熱中症の4割は住宅で発症しています。すまいの熱環境が及ぼす影響はそれだけではありません。窓や壁などの結露は黒カビを発生させ喘息を誘発します。

あるべき姿と現実の違い・・・。それは断熱性能!!

ご安心ください。リフォームで理想の状態に近づけることができます。

断熱リフォームは省エネや快適性だけではない

住まいの断熱性能を上げることは、湿度にも大きく関係します。住まいの温度と湿度を整えれば、カビ、ダニなどのアレルゲンだけでなく、ウィルスの活動を抑えることにもなります。

すまいの「熱」に関する悩みをなくしたい

私がしたいのは貴方の住まいの熱環境を整え、貴方のお悩みを解消する事です。お客様のお悩みは結露や寒さ・暑さなどの「不快」に関することや、省エネ、ゼロエネ、パッシブと様々。住まいの種類も築40年から築1年、マンションから戸建まで様々。まずは当社が手掛けた“住まいのお悩み解決事例”をご覧ください。

住まいのお悩み解決事例

おじいちゃんのお家は
寒くて嫌い。

(事例:三郷市)

窓+天井+床 210万円

事例に進む

喘息だからエアコンの
風が苦しいのよ。

(事例:川崎市)

窓 110万円

事例に進む

暑いから
2階が使えない。

(事例:狛江市)

窓 85万円

事例に進む

暖まらない。
そして電気代が高い。

(事例:八王子市)

窓+床  175万円

事例に進む

帰宅するとサウナなんだ。

 

(事例:世田谷区)

窓 79万円

事例に進む

この家と終えるんだ。

 

(事例:上尾市)

窓+天井+床+ドア290万円

事例に進む

いつの間にか断熱リフォーム会社になっていた

父から譲り受けたガラス会社を潰しかけた。「人も商売も最期が大事。覚悟がない奴は商売をするな。」と言われた。私は「窓で困っている生活者の役に立ちたい。」とわがままを言い会社を解体。お客様のご要望に耳を傾け、がむしゃらに突き進んだ。辛くも苦しくもなかった。感じている余裕はなかった。やるしかなかったから。気づいたら、住まいの熱環境を整えるリフォーム会社になっていた。

パッシブハウスジャパン:省エネ建築診断士

パッシブハウスジャパン

(民間団体)

省エネ建築診断士

省エネルギーセンター:家庭の省エネ相談員

省エネルギーセンター

(エネルギー庁外郭)

家庭の省エネ相談員

住宅リフォーム紛争処理センター:リフォーム相談員

住宅リフォーム紛争処理センター

(国土交通省外郭)

リフォーム相談員

断熱リフォーム8年の実績と活動

平成17年、国の補助事業に初挑戦。以降、省エネや熱環境に関するあまたの補助制度に応募し、すべて採択されました。そして得たのは膨大な実データと同じ思いの仲間、それにたくさんの感謝と表彰、そして講演。

板硝子フォーラムで講演しました。

板硝子協会

板硝子フォーラムで講演しました。

AGCグラスプロダクツ(博多)で講演しました。

旭硝子

AGCグラスプロダクツ(博多)で講演しました。

エコリフォームコンソーシアム成果発表会で講演しました。

環境省

エコリフォームコンソーシアム成果発表会で講演しました。

東京都発刊「住宅の省エネリフォームガイドブック」で当社施工物件が紹介されました。

東京都発刊「住宅の省エネリフォームガイドブック」で当社施工物件が紹介されました。

環境省課長補佐をお迎えして温暖化対策とエコリフォームの勉強会を実施しました。

環境省課長補佐をお迎えして温暖化対策とエコリフォームの勉強会を実施しました。

経済調査会発刊「積算資料リフォーム2011」で住宅エコポイントについて解説しました。

経済調査会発刊「積算資料リフォーム2011」で住宅エコポイントについて解説しました。

板硝子協会発行DVDで断熱リフォームについて説明しました。

板硝子協会発行DVDで断熱リフォームについて説明しました。

板硝子協会エコガラスサイト「スペシャルインタビュー」の栄えある第一回目に選ばれました。

板硝子協会エコガラスサイト「スペシャルインタビュー」の栄えある第一回目に選ばれました。

ワールドビジネスサテライトで省エネリフォームについて説明しました。

ワールドビジネスサテライトで省エネリフォームについて説明しました。

冷暖房にできるだけ頼らない。それが快適を生む。4,000人との結論

「寒ければ(暑ければ)強力な暖(冷)房に交換すればいい。」これはナンセンス。温度差が大きくなり体をおかしくします。空気の温度を上げ下げするのではなく、断熱リフォームによって適切な温度に保たれた天井・壁・床に囲まれれば、おのずとお部屋は快適な温度になります。

冬の事例(平成25年2月7日):朝から暖房運転はせずに赤外線カメラで撮影をしました。


暖房に頼らなくても天井・壁・窓が黄色の20℃を保っています。この時の室温は22度。低温部との温度差が非常に少ない事が大事です。

部分的な断熱工事でもご要望にお応えいたします。

天井・壁・床・窓とすべてを整えることが理想であることに間違いありません。ただしすべての人がそう望んでいるとは限りません。「カビだけは何とかしてよ。」「暑さが辛くて」などのご相談なら、部分的な工事でもご要望は叶います。リビングだけ、窓だけをご希望になるお客様もたくさんいらっしゃいます。まずはご相談ください。

ご相談からお見積までの4つのケース

大雑把な費用感を掴みたい。
無料です。まずはお話をお聞かせください。こちらの事例もご参照ください。
とにかく来て欲しい。
ヒアリングと現場調査にお伺いいたします。経費をお認めください。詳しくはこちらをご覧ください。
資料は用意するので仮見積が欲しい。
無料です。ご用意していただきたいのものはこちらです。
相談+調査+診断+お見積が欲しいので来てほしい。
調査と計測機器の設置にお伺いします。費用をお認めください。詳しくはこちらをご覧ください。

まずは、お住まいの断熱性能・省エネ性能の調査から始めませんか。

0120-114-178旭建硝までお電話ください。

  • 引っ越し不要。生活はそのまま。
  • 天井1日、床2日、窓1日、家中やっても4日で完了します。
  • 断熱リフォームの効果は試算することができます。